老化 フリーラジカル

フリーラジカルが肌に与えるダメージ

フリーラジカルは細胞膜の重要な構成要素にダメージを与え、その結果細胞が脱水症状を起こして老化の原因となります。フリーラジカルは電子が多いので分子の密度が高い細胞膜に引き寄せられダメージを与えるのです。

 

美肌成分のコラーゲン(タンパク質)が特にフリーラジカルのダメージを受けやすく、フリーラジカルが、肌を構成するタンパク質分子を破壊するために老化が加速します。

 

問題は、フリーラジカルが、呼吸や食物の消化といった、身体機能によって体内で作られるだけではなく、日光やたばこの煙、大気汚染等の外的要因によっても作られることです。細胞の再生より、フリーラジカルによる破壊の力のほうが大きくなり、バランスが崩れることで肌にトラブルがおき、老化の原因となるのです。

 

フリーラジカルが肌にダメージを与える一番の原因となるのが日光です。皮膚の分子が日光を浴びると、フリーラジカルが活性化するのです。日光は皮膚の細胞の中で脂肪を分解する酵素も活性化させ、肌に炎症を起こす原因となるアラキド酸という化学物質を作り出し、肌の老化を加速させます。

 

フリーラジカルは転写因子(細胞のDNAにタンパク質を作るように合図を送る働きをする)も活性化させて炎症性の化学物質を作り、老化を進めるのです。紫外線の刺激で AP−1という転写因子が活性化し、肌に傷をつくるコラーゲン消化酵素を作り始めて、それがシワとなります。
コラーゲンは肌のなかに長い間あるので、フリーラジカルのダメージを受け続けた結果、クロス・リンキング(交差結合)をおこし、かたくなって柔軟性が失われてしまいます。肌の老化です。

 

肌の若返りのためには、フリーラジカルのダメージから肌を守ることが重要です。

細胞のバランス

フリーラジカルで傷つけられた細胞と、繊維芽細胞が生み出す細胞、このバランスがとれていれば、肌のトラブルは起こりにくいのですが、加齢や、外的要因による、フリーラジカルの活性化のほうが多く、線維芽細胞が細胞を生み出すスピードより、フリーラジカルによって破壊されるスピードの方が早くなり、バランスが崩れて肌の老化が進みます。

 

フリーラジカルのダメージから肌を守るのに、人間の身体には本来余分な活性酵素を除去する仕組み(抗酸化力)が備わっているのですが、加齢や外的要因で徐々に減少してしまいます。一方、フリーラジカルを活性化させる外的要因は増えるばかり。

 

バランスを整え肌の若返りをするためには、生活習慣、食生活の見直しでフリーラジカルを活性化させる原因を減らし、さらに肌が必要とする成分を必要な場所に届けるスキンケア等で、フリーラジカルのダメージを抑え、線維芽細胞を健康にすることが、重要となってきます。

 

このバランスを正常にするのに効果があるのが抗酸化物質です。抗酸化物質の抗酸化作用が老化を食い止め、肌の若返りに効果をもたらしてくれます。

 

日常の食事から摂取しつつ、抗酸化物質を配合したスキンケア化粧品、サプリメント等の活用で、効果的にフリーラジカルのダメージから肌を守り肌の若返りを手に入れましょう。